マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 富山ライトレール ポートラムに乗車する(その2)〜2011年北陸旅行記(その43)

<<   作成日時 : 2015/04/04 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、2011年北陸旅行記のつづきです。

2011年5月7日

富山ライトレール ポートラムに乗車して富山駅を目指します。

画像


大広田駅に到着です。岩瀬浜行きと列車交換(写真は後ろ向きで撮影しています。)



写真の紫色のポートラムの先、ポイントのところの左側の空き地にJR西日本時代のホームがありました。

画像


列車は、蓮町駅と犬島新町駅の間の区間を走行中。芝桜が綺麗です〜!!

wikipediaによれば、「2007年秋、駅北側(ホームからはやや離れている)の貨物線跡地に花壇が整備された。この花壇の南端には、国鉄時代からと思われるトラス構造の架線柱が建っている。その後、2008年秋には、駅の南北に隣接する残りの区間も整備が進んだ。」とあり、写真にトラス構造の架線柱が写っていないかなぁ、と探していたら・・・。

画像


ありました!この写真の左の端っこの方に。何気なく写していた写真ですが、写っているもんですね〜。

画像


JR西日本富山港線から移管されるときに新設された駅の一つ、犬島新町駅を出発します。



このあたりからJR北陸本線(現あいの風とやま鉄道)富山貨物駅まで短絡線がのびていました。

画像

画像


城川原駅に到着しました。富山ライトレールの本社や車両基地のある主要駅です。



画像


JR時代の城川原駅の様子でしょうか。これはこれで風情がありますね〜。でも、利便性は現在の方がはるかに向上されているのでしょう。

画像


右側に見えるのが車両基地と検修庫でしょうか。

画像


ここでも岩瀬浜行きと列車交換しました。

さて、列車は越中中島駅→粟島駅→下奥井駅→奥田中学校前駅と進みます。

画像




奥田中学校前駅を出発すると列車は大きくカーブして、道路の真ん中を走行するようになります。奥田中学校前駅を境に、岩瀬浜方面は鉄道事業法に基づく専用軌道区間で、自動閉塞運転となりますが、ここから富山駅北口停留所までは軌道法に基づく無閉塞運転となります。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
富山ライトレール ポートラムに乗車する(その2)〜2011年北陸旅行記(その43) マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる