マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013 三陸地方縦断の旅(その41)〜JR大船渡線 猊鼻渓〜陸中門崎間

<<   作成日時 : 2014/05/08 02:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、三陸地方の旅の様子です。

2013年7月15日

JR大船渡線(ドラゴンレール大船渡線)に乗車して、一ノ関を目指しています。

列車は柴宿駅を出発しました。

柴宿 → 猊鼻渓

画像


猊鼻渓駅に到着するところの風景です。旧東山町の中心街に位置しており、周辺には家がたくさん建っていました。

画像


猊鼻渓駅に到着です。(ぶれていてすみません。)1面1線の非常に狭いホームの駅です。昭和61年の国鉄最後のダイヤ改正の際に設置された、比較的新しい駅です。「げいびけい」と読みます。

画像


駅の両側に砂鉄川の鉄橋があります。猊鼻渓へ徒歩5分で到着します。

猊鼻渓 → 陸中松川

画像

画像

画像


陸中松川駅に到着します。

駅は2面3線の主要駅のような広さを持つ駅です。猊鼻渓駅が設置されるまでは、猊鼻渓や旧東山町の中心街の最寄り駅として急行列車も停車していたようです。

それにしても、無駄に広い?敷地を持つえきだなぁと思っていましたが、線路の車止めのような跡を見ると、以前貨物も走っていたのでは?と容易に想像できます。

wikipediaを見てみると、1996年までは貨物列車の設定があったとか。近くの三菱マテリアル岩手工場までの引込み線もあったようです。

画像


駅舎なのかわかりませんが、比較的新しい建物ですね。

陸中松川 → 岩ノ下

岩ノ下駅に到着します。特に画像はありませんが1面1線の駅です。

岩ノ下 → 陸中門崎

画像

画像




陸中門崎駅に到着します。「りくちゅうかんざき」と読みます。「かどざき」と読んでしまいそうですが違います。

地図を見ると、一ノ関方面からやってきた列車は急に北に方向が変わります。摺沢方面に鉄道を走らせるための政治的圧力があったとか。

周辺の商店街などからは少し離れてしまっているのが特徴でしょうか。

いよいよ、JR大船渡線の旅もあと2駅です!!

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
2013 三陸地方縦断の旅(その41)〜JR大船渡線 猊鼻渓〜陸中門崎間  マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる