マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐土原駅から北へ。旧リニア実験線〜JR日豊本線485系特急の旅(その5)〜2010年9月19日

<<   作成日時 : 2011/04/28 02:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

コロプラ★乗り放題切符の旅第2日目の話です。

2010年9月19日

宮崎駅からJR日豊本線485系特急にちりんに乗車しています。佐土原駅に到着しました。

画像


佐土原駅です。

画像

画像

画像


駅の側線といいますか、コンテナがたくさん積んであります。それもそのはず、以前ここはJR貨物の駅でした。現在は佐土原オフレールステーションとなっており、南延岡との間で、1日22往復のトラックが走っているとか。そんなに往復しているのであれば、1往復ぐらい貨物列車が走れないものかと考えてしまいます。

しかし、今回の東日本大震災で鉄道貨物の重要性が以前にも増して注目されているような気がします。電力不足との問題もありますが、ガソリンが足りなくなったときの鉄道での大量輸送は、非常時に果たす役割は大きいと感じました。

これから、国が運輸政策の見直しで、もっと鉄道貨物輸送について検討していってもいいのでは、と写真を見ながらあらためて感じました。

画像


列車は一ツ瀬川を渡ります。

画像


この辺は、このようなハウス栽培が盛んなようです。

画像




高鍋駅を出発したところです。海が見えます。

ここと次の川南駅周辺は、一時期口蹄疫問題で騒然となったところです。

画像

画像


線路の両側とも、このような畑が広がっています。

画像

画像

画像


宮崎にある旧リニア実験線の高架橋が見えてきました。鉄道技術研究所がここでリニアの実験をおこなっていました、1977年から1996年の間に活躍したこの実験線も、曲線、勾配、トンネルがなく、必要な実験が得られないということで、現在の山梨県に移転されました。

この高架橋、現在はどのような使われ方をしているのかわかっていませんでした。可能ならJR日豊本線の高架化、複線化なども考えられるのでは、と思ったのですが、いろいろ調べてみると、太陽光発電のメガソーラー発電所として生まれ変わって最近稼動をはじめた?ような記事を見かけました。このご時勢、このようなエネルギー開発は重要ですね。有効活用されているのであればいいのですが、1996年の実験終了からこれまでの間が少しもったいないですね。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マエストロさん、こんばんは。お久しぶりです (^_^) 暖かくなりましたね。

実験線が発電所になるとは、意外ですね  確かに長いし、日陰がないしで好都合です(笑)

実は5月1日から、当方のブログを移転致します。相互リンクもそのまま引っ越しさせて頂きましたので、引き続き、今後もよろしくお願い致します m_ _m 新ブログは、http://hmdtetutabilocal.blog.fc2.com/
(タイトルも長かったので、少し短くしました)です。
hmd
2011/04/28 21:01
hmdさん>
コメントありがとうございます。
ご無沙汰してしまい、すみません。ブログの方はちょくちょく拝見しております。
リンクのアドレスの更新、完了しました。ウェブリからの移転ということで少々残念ですが、ますますのご発展を祈念しております。今後ともよろしくお願いします。
マエストロ
2011/05/02 02:00

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
佐土原駅から北へ。旧リニア実験線〜JR日豊本線485系特急の旅(その5)〜2010年9月19日 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる