マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥出雲おろち号に乗車する。(その3)〜JR木次線全線乗車の旅〜2010年6月12日

<<   作成日時 : 2010/08/25 02:27   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

順番が前後してしまいましたが、奥出雲おろち号の乗車日記の続きです。

いよいよ、出雲坂根駅から3段スイッチバックに突入します。

2010年6月12日

画像


出雲坂根駅に到着。

画像


この駅には、延命水が湧き出ているようです。時間がないので今回はパス。実は往復で乗車の予定なので、帰りに少し拝借したいと思います。

画像


出雲坂根駅の先端はこのようになっています。以前はここで機回しをしていたのでしょうか。

画像


列車は、出雲坂根駅を出発。右側に逸れて行くのが先ほどやってきた線路です。現在走行しているのが、3段スイッチバックの2段目になります。

画像


これから向かう方向の線路が合流してきました。2回目のスイッチバックです。

画像


出発信号がシェルターの中にあります。これから3段目に向かいます。

画像


線路が下に2本見えますか?今、走行してきた線路です。全国でも珍しい3段スイッチバックです。

画像


出雲坂根駅があんなに下に見えます。2回スイッチバックしただけで、これだけ登ってきました。

画像


国道314号の橋が見えます。国道の通称は「東城往来」。車内の案内ではあの鉄橋が眼下に見えるまで、列車は登って行くとのこと。

画像


DE10がエンジン高々に坂を登って行きます。

画像


地図で見ると、国道314号を囲むように回っていきます。ここまで来ると視界がひらけます。

画像


先ほどの鉄橋と同じ高さに。

画像


国道314号の奥出雲おろちループです。列車はここで一旦停止しました。ここからの景色は確かに最高です。この国道の橋を伝説にかけて観光列車まで走らせる、地域一体で木次線を盛り上げています。普通の乗客も利用してくれるといいのですが。

画像


あの鉄橋が確かに眼下に。だいぶ登ってきました。

画像


広島県と島根県の県境・・・ではなくて、分水嶺です。県境はもう少し先です。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^
夜は涼しいのですが、日中は暑くて体に堪えますね。

線路の敷設は大変だったと思いますが、景色いいですね〜もう少し展望が開けていればいいのですが・・・と、言うのは贅沢ですね。
ここはスイッチバックでこんなに登るのか〜と実感させてくれますね^^
hmd
2010/08/25 10:46
hmdさん>
コメントありがとうございます。
高松は夜も暑いですよ〜。でも、なんとなく峠を越えた感じです。

確かにこの区間は線路の敷設は大変だったのでしょうね。視界ももう少し開けていればいいのですが、自然のままで、今の状態でもいいと思います。貴重な路線なので、廃止にならずに存続させて欲しいです。
マエストロ
2010/08/27 02:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
奥出雲おろち号に乗車する。(その3)〜JR木次線全線乗車の旅〜2010年6月12日  マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる