遠州鉄道に乗車する(その1)西藤原駅の様子~2013年1月3日

これまで天竜浜名湖鉄道の掛川駅から西藤原駅間の様子をご紹介してきましたが、ここで、また初めての乗車となる遠州鉄道に乗り換えて新浜松駅までの往復乗車を楽しみたいと思います。

2013年1月3日

そもそも、遠州鉄道自体に馴染みがないため、いろいろ調べてみると、かつては普通鉄道路線として奥山線、前身の遠州電気鉄道時代には軌道線として中ノ町線、笠井線も運行していたようですが、鉄道線(旧称:西鹿島線/二俣線)が残るのみである。

また、広義の鉄道事業に含まれる索道路線としてはかんざんじロープウェイも保有している(運行は子会社の遠鉄観光開発に委託)。

バス事業も行っており、幅広い事業を展開しています。

さて、西藤原駅で乗り換えますが、発車まで時間がありますので、駅舎や駅前広場を撮影。

画像

画像

画像


15時ちょうど発の新浜松行きに乗車します。ダイヤを見てみると基本的に12分間隔で運転されているようです。通勤時間帯などは本数は増えませんが、2両増結して4両編成で運行されます。

画像


簡易自動改札が設置されています「nice pass専用」となっているので、所有していたパスモでは乗車できませんでした。今でも不可能のようです。

画像


ホームに入ってみると、早速迎えてくれたのが2000形2001Fでした。初めて見る車両です。

画像


検車区のような建物に2003Fと30形が停車していました。30形は廃車が進んでいて、現時点では定期運用からは離脱しているとか。しかも、写真に写っているクハ85とモハ25の2両しか現存していないようです。貴重な写真が撮れました。

画像


乗車する新浜松行きは1000形1003Fです。2000形との区別が今一わかりませんが、少なくとも制御方式は1000形は抵抗制御、2000形VVVFインバータで制御しています。1000形と2000形の連結もあるようですね。

画像


2012年11月24日に高架開通した区間があるようです。この先が楽しみですね。

<西藤原駅 15:00 → 遠州鉄道線 普通 新浜松行き 1000形1003F乗車 → 新浜松駅>

それでは、出発します!

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

準急豊島園
2015年11月02日 07:35
今、注目している遠鉄です。


先日も全区間を往復してきました。

本来なら朝のラッシュアワーに観察したかったです。


バイク仲間の若手が 地元浜松に戻り、
遠鉄の路線バスの運転手から観光バスの運転手をしているそうです。


静岡空港経由で来日する中国からの観光客を東京や富士山などへ ご案内するのに 大忙しだそうです!


この友人、高校は東京の鉄道高校を卒業して、
都営地下鉄に就職していました。


遠鉄の運転士になって欲しかったのに(笑)。
マエストロ
2015年11月29日 01:41
準急豊島園さん>
コメントありがとうございます。返信が遅くなりました。申し訳ありません。

遠州鉄道の朝ラッシュの様子、見てみたいですね~。4両編成の走行シーンとかも写真に残したいものです。

ご友人の方、都営の運転手から遠州鉄道のバス運転手に転職されたのですね。確かに、遠州鉄道の運転手になって欲しかったところですね~。

この記事へのトラックバック