夜須駅から乗車します。~土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の旅(その1)~2010年9月12日

今日から新しい旅日記。

昨年の9月にお遍路巡礼の旅で高知の札所を回るついでに、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線にも全線乗車してきました。そのときの様子をご紹介します。

これまで、長々九州の旅日記が多かったのですが、久々に四国ネタです。はりきっていきましょう!

画像

画像


夜須駅の様子です。高架区間で高架線の上にホームがあります。

最初に、簡単にですが、土佐くろしお鉄道についてご紹介。(wikipediaより引用)

高知県と沿線自治体で株式の9割以上を保有する自治体主導の第三セクター鉄道会社である。国鉄再建法の施行により工事が凍結された日本鉄道建設公団建設線の宿毛線及び阿佐西線(阿佐線(ごめん・なはり線)として開業)を引き受けるために設立されたが、後に第3次特定地方交通線に指定されることが確実となった中村線も引き受けることとなった。

鉄建公団の建設した路線ということで、高架区間が多い路線です。ごめん・なはり線は2002年開業ということで、来年でちょうど10周年を迎えます。

画像


ごめん・なはり線には各駅にこのようなキャラクターがいます。

さっそくホームに上がってみましょう。

画像


駅名標。

画像

画像


夜須駅の様子です。1面2線のシンプルな駅です。

さて、ここから、いったん後免駅へ向い、奈半利駅まで全線の乗車の旅です。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック