マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 線路が切り替わる前のJR吾妻線を訪ねる(その11) 〜川原湯温泉駅(その2)

<<   作成日時 : 2014/11/01 03:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

引き続き、8月に線路が切り替わる前のJR吾妻線の訪れたときの様子です。今回が、一応最終回となります。

2014年8月17日

JR吾妻線川原湯温泉駅に到着、下車してみましたが、今回は改札を出ます。

画像


画像


改札を出て、切符売り場や駅待合室内の様子です。関東でもこんな味のある駅がまだ残っているのですね。水没してしまうのが残念です。

画像


王湯という公衆温泉浴場がありますが、最近は違う場所に移転したようで、駅からだとだいぶ歩くことになります。本当は温泉に入って行きたかったのですが、時間の関係で断念。

画像


駅前にあるバス停。

画像


こんな看板が、駅舎の脇に置いてありました。気になったのでいろいろ調べてみると、最初は「川原湯駅」として開業、1991年に「川原湯温泉駅」に名前が変わったようです。

画像


駅舎の様子。

画像


吾妻峡にも川原湯温泉にも行ける、便利な駅ですが、今一乗降人数は多くありません。

画像


川原湯温泉活性化施設という看板の建物。以前は、使われていたのでしょうか。

画像


八ツ場ダム総合相談センター。駅の向かいにある建物です。ここで、いろいろ話し合いが行われていたのでしょうか。ダムを建設するとかしないとかで、いろいろ紆余曲折ありましたが、いよいよ建設が始まるのですね。地元の方のご苦労がなんとなく伝わってくる気がしました。

画像


画像


駅から少し歩くと、このようなゲートが見えます。この坂の上に温泉があるのですね。「奇祭 湯かけ祭り」ですって。そこまで「奇祭」には思えないのですが・・・。

画像


駅から見える大きな橋の下あたりにこのようなゲートがありました。将来、この上の橋を渡るときに、以前の風景が思い出されるでしょうか。

画像


駅方面の様子です。

と、ここまで撮影してタイプアップ。

駅に戻り、予定していた特急に乗車して帰路につきました。

画像


この日1日でだいぶ見慣れた感がある、651系です。

<川原湯温泉駅 14:53 → 9084M JR吾妻線・上越線・高崎線 特急草津84号 上野行き 651系 7両編成 → 赤羽駅 17:06> 


すでに、10月1日から新線に切り替わっており、写真でご紹介した駅はすでに使用されておりません。新駅舎は写真で見ましたが、だいぶ様相が違うようで、今後、ダムの建設・貯水とともに、この地域の発展に寄与すれば、と願うところです。とても、雰囲気がよく、また、訪れたいと思いました。次回は、ぜひ温泉とセットで〜。

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
川原湯温泉駅の旧駅舎は、昔の風情を今に残した趣きある駅舎でした。それだけに移転廃止は惜しいものです。
虹色
2014/11/02 22:32
マエストロの鉄道模型と鉄道紀行様

突然の書き込み、たいへん恐れ入ります。
児童書の編集プロダクション、(株)童夢の櫻澤と申します。

弊社では、ポプラ社より刊行予定の『マーク・記号まるごと図鑑(仮)』という、
学校図書館向けの児童書を制作しております。

HPを拝見したところ、
駅のマーク(案内)の写真を掲載されていたので、
ぜひとも写真提供をお願いしたく、ご連絡差し上げました。

(【九州遠征第1弾−16】福岡地下鉄空港線からJR筑肥線へ〜2010年7月17日 祇園駅お写真)
http://maestro-cl.at.webry.info/201009/article_29.html

今回のご連絡は、あくまでご協力のお願いでして、
こちらから掲載料などを請求することは一切ございません。
掲載の可否、掲載条件などについて、お話させていただきたいので、
恐れ入りますが、下記のアドレスまでご連絡いただけますでしょうか。

全国の学校図書館に置かれる本なので、
読者の子供たちに、できるだけ良い写真を見せてあげたいと思っております。
ご協力いただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

--
株式会社童夢 児童書編集部 櫻澤美紅 >>> sakurazawa-m@domu.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-25 平安堂ビル4階
Tel : 03-3234-5905 / Fax : 03-3234-5906
株式会社童夢
2014/11/04 18:45
虹色さん>
コメントありがとうございます。
川原湯温泉駅のような、関東近郊で風情のある駅がなくなってしまうのは本当に寂しいですね。新駅の写真を見ましたが、綺麗になったのはいいのですが、やはりこのときの駅の方がよかったなぁと思ってしまいます。

株式会社童夢様>
コメントありがとうございます。
すぐご返信できず申し訳ありませんでしたが、メールご確認いただければと思います。
マエストロ
2014/11/07 02:52

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
線路が切り替わる前のJR吾妻線を訪ねる(その11) 〜川原湯温泉駅(その2)  マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる