マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013 三陸地方縦断の旅(その21)〜JR仙石線 松島海岸駅

<<   作成日時 : 2014/02/06 02:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、2013年に三陸地方を縦断したときの様子をご紹介します。

2013年7月15日

仙台駅周辺のホテルに宿泊し、2日目の旅は仙台駅から出発です。仙台から三陸海岸を可能な限り北上することにします。

列車の本数が少ない区間を行くので、寝坊はできないのですが、少々ホテルの出発が遅れてしまいましたが、なんとか予定の列車に乗車することができました。

まず乗車するのはJR仙石線です。石巻を目指すことにします。

<仙台駅 7:34 → 733S JR仙石線 普通 高城町行き 205系3100番台M−8編成乗車 → 松島海岸駅 8:14>

JR仙石線の始発駅は仙台駅ではなく、隣のあおば通駅となります。本当は、もっと早く起きてあおば通まで往復したかったのですが、先を急ぐことにします。微妙な未乗車区間ができてしまいました。

JR仙石線はあおば通駅から陸前原ノ町駅の先までは地下区間を走行します。205系3100番台は、モハはもとJR山手線の転属車両、クハは元JR山手線・JR埼京線のサハ車両を改造したものを使用しています。似たような前面の車両は、JR南武線、JR八高線、JR鶴見線などでも走行していますね。

さて、天気は生憎の雨。なかなか車窓の写真が撮影できないまま、乗り換え駅の松島海岸駅に到着しました。

画像


松島海岸駅に到着します。

列車は次の高城町駅まで運転しますが、ここ松島海岸駅で下車したのは、この先の不通区間の代行バスに乗り換えるため。前日の乗車記でもご紹介したJR山田線と同様、JR仙石線も震災の影響で現在でも運休している区間があります。ただし、仙台と石巻という、宮城県内の1.2位の都市間を結ぶ路線ということで、JR仙石線は全線復旧することが決まっています。ただし、一部の区間は線路を移設します。

画像

画像


205系3100番台 M-8編成

M-8編成は石ノ森章太郎氏の描くマンガ作品でラッピングされた「マンガッタンライナー」として運転されています。なお、M-2編成にもラッピングを実施して「マンガッタンライナーII」として運転されているようです。残念ながらこの日はM-2編成は見ることができませんでした。

画像


松島海岸駅の駅舎です。ここまで津波が来たのかは不明ですが、線路が高台を走っているので、この区間は大きな被害が出ずにすみました。

画像


ここから乗車する代行バスです。高城町行きの列車に接続して出発します。代行バスの乗車率もそれなりにあります。この区間を乗車するお客さんが多いことが伺えます。

さて、ここから運休区間の駅を経由しながら矢本駅まで向かいます。運休区間は高城町駅から陸前小野駅までの間ですが道路事情でしょうか、矢本駅まで行きます。

この先、どんな景色が待っているのか・・・。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
2013 三陸地方縦断の旅(その21)〜JR仙石線 松島海岸駅 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる