マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013 三陸地方縦断の旅(その20)〜JR山田線 茂市駅から盛岡駅まで

<<   作成日時 : 2014/02/04 02:18   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、三陸地方の話題を続けます。初日の旅は今回まで。

2013年7月14日

JR山田線に乗車して、盛岡駅を目指します。この日の宿は仙台市内にとっているので、仙台まで戻らなければなりません。

茂市駅を出発します。

茂市駅→腹帯駅→陸中川井駅

画像


閉伊川に沿って、内陸方面へ進みます。

画像


陸中川井駅に到着します。

陸中川井駅→箱石駅→川内駅

画像


川内駅に到着します。「かわうち」と読みます。JR九州には川内と書いて「せんだい」と読む駅もありますね。

川内駅→平津戸駅→松草駅→区界駅

画像


区界駅に到着します。宮古市と盛岡市との、境に位置するこの駅。道路は区界峠というくらいの山間に駅があります。

画像


乗車している659D盛岡行き。ここで、下り最終宮古行きと列車交換を行います。JR山田線は全線を行く定期列車は1日4往復しかありません。(うち1往復半は快速リアスなので、全駅は停車しません。)全駅下車の旅をやろうとしたら、相当時間がかかりそうな路線です。

画像


666D宮古行きがやってきました。乗車している方はもちろんいますが・・・。

列車は少々遅れて区界駅を出発。盛岡市内に入ります。

区界駅→浅岸駅→大志田駅

写真はありませんが大志田駅に停車する列車は、乗車している659Dを含め、上りはあと631D、下りにいたっては666Dのみ。3本しかない、秘境駅です。

大志田駅→上米内駅

ここからは、盛岡市内でも住宅が増えてきて、ようやく、街に近づいてきた、という感じがしてきます。盛岡〜上米内間の区間運転もあります。

上米内駅→山岸駅→上盛岡駅→盛岡駅

画像


終点盛岡駅に到着しました。

画像


あらためて、乗車してきたキハ110を撮影。お疲れ様でした。

JR山田線、一部報道では宮古から釜石間の運休区間を三陸鉄道へ譲渡することを提案した、といった記事を見かけました。JR東日本には、少々がっかりですが、ただ、現実問題として、鉄路としての復旧を目指すのであれば、一番現実的なのかも知れません。上下分離方式で、線路の維持管理は自治体負担になるとも言われていますが、地域で鉄道とどうまちづくりを進めていくか、一体として考えなければ、いくらJRが運営していたところで、無理があるのかも知れません。今後の議論の進展を見守りたいと思います。

さて、ここから仙台まで新幹線でワープします。

画像


はやぶさ20号東京行きに乗車します。自由席で・・・と思ったのですが、はやぶさは全車指定席・・・。

<盛岡駅 20:42 → 3020B 東北新幹線 はやぶさ20号 東京行き E5系乗車 → 仙台駅 21:26>

ということで、初日の旅の様子はここまで。主に八戸から宮古まで、JR八戸線、三陸鉄道北リアス線についてご紹介してきましたが、次回からは2日目ということで、仙台駅から三陸海岸を北上する形になります。もうしばらく三陸地方の話題にお付き合いください!

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
2013 三陸地方縦断の旅(その20)〜JR山田線 茂市駅から盛岡駅まで  マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる