マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS ラウターブルンネン駅で乗り換えて〜2012ヨーロッパ鉄道記34

<<   作成日時 : 2012/12/20 02:35   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今宵もこんな時間になってしまいましたが、少しずつ更新していきます。

2012年7月9日

インターラーケン・オスト駅からベルナー・オーバーランド鉄道(BOB)に乗車して、最初の乗り換え駅であるラウターブルンネン駅を目指します。

画像

画像


最初の停車駅は、Wilderswil駅(ヴィルダース・ヴィル駅)です。



この駅からは、シーニゲ・プラッテ鉄道が分岐。wikipediaによれば、路線超は7.25kmで、軌間は800mm(2フィート7インチ)のラック式鉄道である。ラックレールはリッゲンバッハ式で、最大250パーミル(1/4)勾配で、標高差1420m(4659フィート)を登るとのこと。

ラックレール方式の電車がまだ現役で走行しているのは、山岳鉄道が発達したスイスならでは、といったところでしょうか。

画像


シーニゲ・プラット鉄道と分かれて先に進みます。シーニゲ・プラッテには、高山植物園などがあり、次回行ってみたいところの候補の一つ。

画像


山間を縫って走行します。

画像

画像


いかにもスイス・アルプスらしい建物の前にある駅、Zweilutschinen駅(ツヴァイルチネン駅)に到着します。



ここで、前6両 ラウターブルンネン行きと、後ろ6両 グリンデルヴァルド行きに分割します。どちらから行っても、目的地ユングフラウヨッホには到達します。(途中のクライネシャイデッグ駅で同じ電車に乗ることができます。)

前に乗車しているので、先に発車して次の終点ラウターブルンネンに向かいます。

画像


川に沿って・・・川の水が灰色に濁っているのは、石灰のせいでしょうかね。

画像

画像


程なくして、終点Lauterbrunnen駅に到着します。BOBの乗車はここまで。次に乗車するのは、ヴィンゲルンアルプ鉄道(WAB)です。もちろん、センテナリーパスで乗車できます。

画像


乗り換えた列車よりも、先にBOBがインターラーケンへ向けて折り返し発車していきました。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
ラウターブルンネン駅で乗り換えて〜2012ヨーロッパ鉄道記34 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる