マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 峠を越えて、Basel Bad Bfへ〜2012ヨーロッパ鉄道記26

<<   作成日時 : 2012/11/22 02:31   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、ヨーロッパ鉄道記です。

2012年7月8日

画像




フライムブルグ中央駅に到着。ここから先、スイスとの国境まで山岳区間になります。

Wikipediaのドイツの高速鉄道路線のページを見てみると、

ABS/NBS カールスルーエ - バーゼル (150+45km)

ドイツからスイスへ向かう幹線ルートで、旅客列車ばかりではなく、ロッテルダムやルール地方とスイス・イタリアを結ぶ貨物列車も多数運転されている。アルプスを横断する鉄道整備計画であるアルプトランジット計画が完成した際には貨物列車の輸送量増加も見込まれ、オッフェンブルク以北はドイツ南部からフランス方面へ向かう幹線ルートでもあるので、スピードアップに加えて線路容量の増加にも考慮した改良計画となっている。

カールスルーエ - ラシュタット (25km):ABS 2012年竣工予定(200km/h 元より複々線)
ラシュタット - バーデンバーデン - ビュール (18km):NBS 2012年竣工予定(250km/h)
ビュール - オッフェンブルク (27km):NBS 2000年6月開業(250km/h)
オッフェンブルク - バーゼル・バディッシャー駅 (125km):ABS 2012年竣工予定(200km/h)

これによりオッフェンブルク以北は複々線化されることになる。また1998年6月にオッフェンブルク以南にLZBをベースにした信号システム CIR-Elke を導入済みで、これによって線路容量を向上している。CIR-Elke に対応していない車輌はオッフェンブルク以南には入線しないようになった。全区間竣工の暁にはカールスルーエ - バーゼルが69分で結ばれることになる。

(以上wikipediaより)

これを見ると、先の紹介したオッフェンブルグまでの間は一部高速区間が開通していますが、それ以外の区間はまだ工事中だったようで(本日現在は開通済みかも知れません。)この先も、バーゼル・バディッシャー駅まで工事中の路線の脇を走ることになります。

画像

画像


建設中の新線が逸れていきます。

この後、この路線はカーブを伴う峠越えのような区間を走ります。確かにこれではICEとて、スピードは上がりませんね。

画像

画像


再び、新線が合流してきました。

乗車したICEはカールスルーエからバーゼルSBB駅まで107分かかっていますが、これが69分に短縮されるのなら、早く開通が望まれますね。スイスからドイツ・フランクフルトへ抜けるメインの路線になるので、本数もそれなりにありますし。

画像


珍しい貨物が停車していたので撮影してみました。

画像

画像


ドイツの車両と同じ形式ですが塗装が違う車両が留置されていました。いよいよ、国境越えが近いようです。

画像


バーゼル・バディッシャー駅(ドイツ語: Basel Badischer Bahnhof)に到着しました。

2008年12月12日にスイスがシェンゲン協定に加盟するまで、駅に出入りする旅行者の出入国管理と税関検査はホールと番線の間で行われていた。国際列車では列車内で行われていた。このため、バーゼルSBB駅からヴィーゼンタル鉄道のリーヘン駅(Bahnhof Riehen)へ向かう旅行者は、スイス国内の移動にも関わらずパスポートの提示を求められていた。スイスのシェンゲン協定加盟に伴い、パスポートの常時の検査は廃止され、関税徴収のために検査することがあるだけである。

(wikipediaより)



ここはすでにスイスに入っています。車両に国境を越えるための検査をする方が乗ってきましたが、パスポートの提示は求められませんでした。列車を乗ったまま、初めて国境を越えますが、さすがヨーロッパですね。スタンプなしで越えることができました。通貨もユーロが使えないので、財布の中をスイス・フランに入れ換えます!

いよいよ、スイスに突入です。スイスは、これまた、いろいろな鉄道が走っていて、日本でも参考になりそうな路線もありますが、どこまでご紹介できるか・・・。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
峠を越えて、Basel Bad Bfへ〜2012ヨーロッパ鉄道記26 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる