マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイデルベルグからフュッセンへ〜ユーレイルパス2日目の旅〜2012ヨーロッパ鉄道記9

<<   作成日時 : 2012/08/16 00:56   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、2012年ヨーロッパ鉄道の旅の様子をご紹介します。

2012年7月6日

画像


EC219 Bischofshofen行きに乗車して、ハイデルベルグを後にします。

「EC」とはユーロシティーの略。国境を跨ぐ都市間優等列車です。

<Heidelberg Hbf 13:14 → EC 219 → Augsburg Hbf 15:42>

目的地はFussenというドイツの南、オーストリアとの国境です。乗り換え2回の3時間以上の長旅です。

画像

画像


乗車する列車が入線してきましたドイツ国鉄「DB」の客車です。

画像


1等客室の様子です。持っているユーレイルパスは1等客車にも乗車できますので、遠慮なく1等席へ。日本と違って、指定席車両と自由席車両と区別されているわけではなく、基本的に空席の座席に座ることができますが、荷物棚の部分にある電光掲示板に座席指定区間が表示されていて、その区間は指定席券を持っている人が来るため、座席移動しなければなりません。

電光掲示板に表示がない席は、この先の区間は自由席となりますので、ここに座ることにします。

画像


街を少し出ると、のどかな風景が広がります。

画像


愛用していた「トーマスクック時刻表」と炭酸水。駅の売店などで売っている水は炭酸水のことが殆どです。
個人的に、この炭酸水が飲みなれなくて・・・。

画像


高速運転区間に入りました。EC/ICの列車は200kmで走ります。ICEは区間に寄って違いますが、ここは250kmで走る区間です。

こちら(wikipedia)の「マンハイム/シュツットガルト高速線ですね。

画像


ハイデルベルグから約40分で大きな都市 Stuttgart(シュツットガルト)に到着しました。

画像


シュツットガルト中央駅に入線するRE列車。

ここからは、進行方向が反転して、電気機関車が最後尾になります。

画像


シュツットガルト郊外の様子。丘の斜面も畑。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
ハイデルベルグからフュッセンへ〜ユーレイルパス2日目の旅〜2012ヨーロッパ鉄道記9 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる