マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS フランクフルトからハイデルベルグへ移動〜2012ヨーロッパ鉄道記3

<<   作成日時 : 2012/07/29 02:04   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

引き続き、2012年ヨーロッパ鉄道の旅の様子をご紹介します。

2012年7月5日

フランクフルトから初日の宿泊地、ハイデルベルグという都市まで移動します。

画像


乗車するのはこの表示の列車。IC2373という列車番号の列車です。

ICとは「Inter City(インターシティ)」の略で、ドイツの列車のICEに次ぐ快速列車(優等列車)です。主にドイツ国内の都市間を結ぶ列車。国を跨ぐ場合には、ECというように種別がかわります。

この列車に乗車してハイデルベルグを目指します。

画像


出発5分前にホームに到着。すでに列車は入線していました。ドイツの主要駅は、片側で線路が終わっている駅の形が多いようで、ここもその1つ。電気機関車は、線路の終わるほうに連結されていますが、入れ換えなど行うのでしょうか・・・。

車両に乗車しようとすると、2等車両、1等車両ともに、すでにデッキにまで人が立っています。この後の予定はなかったので、次の列車でも、と思ったのですが、食堂車のデッキなら入れそうなスペースがあったので、そこで立っていくことにしました。

<Frankfurt (Main) Hauptbahnhof(フランクフルト中央駅) 17:20 → IC2373 → Heidelberg Hauptbahnhof(ハイデルベルグ中央駅) 18:14>

列車は定刻通り出発。しかし、この列車、時刻表(トーマスクック時刻表;いずれご紹介します。)によると、ハンブルグを12:28に出発。終点、カールスルーエに18:52ですから実に6時間以上の走行時間・・・。これも凄いですね。

画像


フランクフルト中央駅を出たところにある、Sバーン、RE、RBの電車の留置線・・・。

画像


フランクフルトを出発して、20分もするとこのような風景が。日本と違い、近くに山が見えません。

画像


途中駅でRE/RB(普通)列車を追い抜きます。

画像

画像


途中、このような貨物列車に何度もすれ違いました。ドイツはヨーロッパでも一番産業の発達している国。この、車を運ぶ貨物列車は日本でもやればいいのに(復活?)・・・と思いました。

画像

画像


一時間ほどでハイデルベルグ中央駅に到着しました。

しかし、フランクフルトで機関車を入れ換えることなく、後ろから客車を押す形で時速200KM出すわけですから、個人的には斬新な感覚でした。しかも、客車に乗っていて、出だしが電車並みに凄くスムーズで衝撃がほとんどありません。これは日本では味わえない感覚です。

画像


BordBistro と書かれている食堂車両。日本で食堂車両といえば、3つの寝台特急しか残っていませんね。過去は新幹線にも食堂車がありましたが・・・。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
食堂車があるのはいいですね。日本でももっと復活させてほしいものです。
機関車の方ですが、プッシュプル方式での運転の可能性もあるのでは?
series211
2012/07/29 17:15
AUDIの新車を積んだ貨物列車ですね。


日本だと ク5000は、もう無くなり…何年でしょうか。


アルブスを越えてイタリアに行くのにも、カートレインがありますからね。

日本でも青函トンネルをカートレインが有っても 良いと思いますが、無くなってしまいました。


実は私の自動車、3月にドイツで生産され、6月上旬に日本に届きました。


鉄道の旅も良いですが、
ミュンヘンからオーストリアのザルツブルグまでのドライブも楽しいです。。
準急豊島園
2012/07/31 00:31
series211さん>
コメント、ありがとうございます。
プッシュプル方式、ICEなんかはそうですね。ただ、IC/EC系統の列車は片側のみの電気機関車の連結で高速区間はかなりのスピードで走行します。もちろん、客車の先頭に運転台はありますが。

準急豊島園さん>
コメント、ありがとうごあざいます。
ヨーロッパでドライブも楽しそうですよね。ドイツの車をお持ちとは羨ましいです。
青函トンネルのカートレイン、あってもいいですよね。。。
マエストロ
2012/08/02 03:19

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
フランクフルトからハイデルベルグへ移動〜2012ヨーロッパ鉄道記3 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる