マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野新幹線と八高線を乗り継いで東村山へ。〜2011年8月30日

<<   作成日時 : 2011/11/11 02:06   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011年夏の青春18切符の旅第2弾の続きです。今回がこの旅をご紹介する記事の最終回です。
(たいした記事ではありません。。。)

2011年8月30日

しなの鉄道に乗り換えて上田駅までやってきました。

画像


上田電鉄の上田駅です。

新幹線開業と同時に高架になりました。今回の旅では残念ながら乗車せず。

さて、この青春18切符を利用して、国分寺から中央本線経由でやってきたこの旅ですが、帰りは長野新幹線に一部区間だけ乗車します。

しなの鉄道で軽井沢まで行ってしまおうか迷ったのですが、上田から乗車することに。

画像


ここ上田は戦国時代は真田氏が統治していたことで有名。真田昌幸は、関が原の合戦時に西側に付き、中山道を西へ向かう徳川秀忠軍を足止めさせた。徳川秀忠軍は上田城を攻略できず、関が原の合戦にも間に合わなかった。

画像

画像


上田駅の駅名標と乗車する「あさま544号」

もちろん乗車券と自由席特急券を購入。高崎までの乗車となります。

<上田駅 18:21 → 544E 長野新幹線 あさま 544号 東京行き E2系乗車 → 18:58>

平日の夕方の上り列車なので、そんなに混んでいないだろうと高をくくっていたのですが、結構な乗車率。自由席は上田駅出発時点でほぼ満席。

ただ、佐久平駅や軽井沢駅でもそれなりに下車する人もいて少々びっくり。まぁ、軽井沢駅からはデッキで立っているお客さんもいたわけですが。

画像


八高線の電光掲示板です。暗いし、帰りの通勤時間帯なので、お客さんもたくさんいたので車両の写真はありません。

当初は、湘南新宿ラインで池袋・高田馬場経由も考えていたのですが、よくよく調べてみると八高線から帰っても、そう大差はないんだな、ということがわかったので、八高線にしましょう。

<高崎駅 19:44 → 248D JR八高線 普通 高麗川行き キハ110 3両編成 乗車 → 高麗川駅 21:00>
<高麗川駅 21:02 → 2072E JR八高線 普通 八王子行き 209系3000番台 4両編成乗車 → 拝島駅 21:32>

しかし、通勤時間帯の八高線高崎方は群馬藤岡駅ぐらいまでは結構な乗車率ですね。

東飯能で乗り換えようかどうしようか迷いましたが、乗り継ぎが悪そうだったので、拝島から西武線に乗り換えることにしました。

長野電鉄の全線乗車を目的とした旅でしたが、温泉も入ることができましたし、元JR東日本の253系の元気な姿も見ることができたのでよかったです!

今度はゆっくり長野電鉄途中下車の旅をしたいですね!

(おわり)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
高崎から八高線経由というのが、何とも鉄らしくて 良いですね!


私、バイクも乗るんですが、
関越の渋滞が嫌で、藤岡あたりから…適当に走ってきます。


中央道の渋滞が嫌で…小海線沿線から山中を走り、上野村、秩父市を通りなんてやります。


西武が秩父から軽井沢へ路線を伸ばしていたら、楽しかったかもなあなんて思います。
準急豊島園
2011/11/11 02:17
準急豊島園さん>
コメントありがとうございます。
バイクに乗られるのですね!羨ましいです。気持ちよさそうですよね。冬は寒そうですが。

小海線沿線から上野村、秩父市を抜けるルートは299号でしょうか。

西武鉄道の軽井沢延伸の話、昔聞いたことがあります。さすがにこのご時勢、そこまではできませんが、気になるのは安比奈線の処遇でしょうか。
マエストロ
2011/11/14 02:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
長野新幹線と八高線を乗り継いで東村山へ。〜2011年8月30日 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる