マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 高松築港駅に到着です。高松琴平電気鉄道(その3)

<<   作成日時 : 2011/08/15 00:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「高松琴平電気鉄道」の全線紹介の続きです。

2010年12月4日

瓦町駅から長尾線の車両に乗り換えて、高松琴平電気鉄道琴平線・長尾線の起点である、高松築港駅にやってきました。

画像


高松築港駅の駅舎です。琴平線・長尾線の起点と書きましたが、実際には琴平線の起点駅。長尾線が琴平線に乗り入れている感じです。長尾線の起点は瓦町駅となります。

しかし、とてもいち私鉄の起点となるターミナル駅の様相はありません・・・。なんとなく、田舎の旅情ただよう雰囲気。

画像


高松築港駅前の様子。国道30号線が通っており、右手に玉藻公園、写真の正面は高松港です。岡山の宇野港と結ぶ主要航路である「宇高航路」を行く宇高連絡線や小豆島・豊島・直島などの瀬戸内海の島々へ行くフェリーが出ています。

画像


あの変な形をした建物は高松全日空クレセントホテル。写真左手の方にJR高松駅があります。

しかし、今となってはこのJR高松駅と琴電の高松築港駅の乗り換えは非常に不便です。

もともとの、この高松市の生い立ちを考えれば、高松港が本州への玄関口であったわけで、JR高松駅ももっと港の方にあったとか。そう考えると、高松築港駅の位置は港に近くて非常に便利だったのでしょう。

現在のJR高松駅の位置になってからは、この乗り換えは不便ですね。駅前の再開発などの計画の際に、琴電の駅もやはり考慮に入れたほうがよかったのでは・・・。

以前はJR高松駅の脇にある空き地に駅を高架式で移転させるという話もあったようですが・・・。今後、自治体は事業者が一体となってまちづくりを考えて欲しいです。

画像

画像


さて、駅前の観察を終えたら、再び高松琴平電気鉄道への乗車です。

改札とホームの様子。高松琴平電気鉄道で自動改札が導入されているのは高松築港駅、片原町駅、瓦町駅の3駅ですが、切符については磁気が入っていないため、自動改札はもっぱらICカード「イルカ」専用の改札です。ICカードのタッチするところしかありません。

自動改札のない駅にはJR東日本などの地方路線にたまに見かける簡易式のタッチする機械が各駅に設置されています。

ホームについては、昨年までの1年間の間にホームの嵩上げをおこなって車両との段差の解消を行いました。

画像


乗車するのは琴平線  1080形 一宮行き 旧京急線1000系の車両。

これから、まず高松琴平電気鉄道の本線といってもいいと思われる、琴平線を全線乗車しましょう。

画像


高松築港駅1番線から見える玉藻公園の池。

画像


いよいよ出発です。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先週、高松に行きましたが、そういえば宇高連絡線ってどこから出ていたのだろう?と思ってしまいました。高松駅が移転したのは知っていますが、だいぶ動いたようですね。

2年前に琴電に乗ったものの、琴平から乗って高松築港で折り返し、長尾〜瓦町〜琴電志度と乗って高徳線で高松に向かったので高松築港と高松の位置関係に気づくことがなかったです。
GO
2011/08/18 20:18
GOさん>
コメントありがとうございます。返信が遅くなりました。
宇高連絡船は、クレメントホテルの交差点の次の交差点を右に曲がったところから出ております。まっすぐ行くと、瀬戸内海の島々への船が出ています。
宇高連絡船も、高速道路の割引の際には、減便や場合によっては廃止!?との話も出ていましたが、今は逆に利用者が増えているかも知れません。
マエストロ
2011/08/22 02:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
高松築港駅に到着です。高松琴平電気鉄道(その3) マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる