マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS JR山陽本線の旅 広島駅から瀬野八の峠越えへ〜2010年9月4日

<<   作成日時 : 2011/02/22 02:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

話題は2010年夏の青春18きっぷ5日目(最終日)の様子に戻ります。(今旅としては4日目)

2010年9月4日

広島駅に到着、途中下車せずこのまま乗車して出発です。

画像


広島駅を出発するところです。

画像


駅を出てすぐのところにある広島貨物ターミナルです。EF67が止まっているのが見えますね。

画像


EF67-1 トップナンバーが停車しています。

EF67の概要は以下の通り。

山陽本線の瀬野駅 - 八本松駅間に連続する勾配、大山峠(通称瀬野八)を走行する貨物列車の後部に連結する補助機関車(補機)として使用することを目的として開発された機関車である。

同区間の補機としてはこれまでEF59形が使用されていたが、戦前の製造であり老朽化が問題視されていた。当初、置き換えのためEF60形の初期型およびEF61形を改造したEF61形100番台・200番台が計画され、1977年から200番台が投入された。しかし、同機は走行特性上重連使用ができないことが判明したため投入は200番台の8両のみで中止、1,000t以下の列車のみに限定運用とされたため、EF59形を全面的に置き換える計画は実現しなかった。

このため、1,200t級列車の補機用として、1982年に本形式が開発された。機関車需給の事情から新製とはならず、すべてEF60形・EF65形からの改造となっている。

以上、wikipediaより引用。

実は今回の旅の目的の一つにこのEF67の補機を使用した貨物列車の撮影も考えていたのですが、大竹駅でちょっと時間をオーバーしてしまったので、撮影できるか微妙なタイミングです・・・。

画像


向洋駅に到着です。

画像


この辺の配線はとても難しいですが、この先高架になっているのは、呉線へ向かう線路のようです。

画像


海田市駅に到着です。JR呉線との分岐駅。

画像


JR呉線を走行してきた103系瀬戸内色。しかし、この広島地区の車両は前面の行き先表示を使用していないのがもったいないですね。

さて、この先はJR山陽本線の方を進みます。結局、四国にいる間にJR呉線まで走破できませんでした。いずれ乗車に来ます。(確かこのときは一部運休区間があったような記憶があります。)

画像


安芸中野駅に到着です。対向列車にEF67単機が通過。

画像

画像


瀬尾駅に到着です。この駅を出発するといよいよ峠越え。

画像

画像


通称「瀬野八」峠の様子。115系電車がモーター全開で登っていくのがわかります。

瀬野八の概要は以下の通り。

瀬野八(せのはち、セノハチ)とは、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の広島県東広島市と広島市安芸区にまたがる八本松駅 - 瀬野駅間 (10.6km) の通称である。

正式にはこの区間の峠を大山峠と呼ぶ。瀬野駅から八本松駅に向かって22.6‰(パーミル)(1000メートルあたり22.6メートルの高低差)の急勾配が連続する難所で、蒸気機関車時代から現在の電気機関車に至るまで、上り列車には補助機関車(補機)を連結してこの難所を越えている

この区間は、山陽鉄道により1894年6月10日に開通した。山陽鉄道は急勾配を避ける方針で敷設したが、この区間に関しては経済性を優先して最短経路で敷設したため、開業以来の隘路となっている。

現在は貨物列車のみであるが、かつては旅客列車(含む荷物列車)にも補機が連結され、また2002年まで一部の列車では走行中の補機解放が八本松駅下関側で行われていた。ここで使用される機関車にはEF67形電気機関車100番台を除いて連結器解錠用のてこにシリンダが装備され、走行中解放に備えていた。また機関車牽引列車ばかりでなく、151系電車を使用した特急「つばめ」や153系電車による急行にも補機が連結された(「山陽本線優等列車沿革」の項目も参照のこと)。特に153系電車は、機関車と連結器が異なる(機関車は自動連結器、電車は密着連結器)ため、神戸方に密着連結器、下関方に自動連結器を装備した控車として湘南色オヤ35形(0番台)を連結し、二重屋根とその塗色が異彩を放った。

山陽本線で運用される近郊形電車が平坦線用の113系ではなく、勾配線用に抑速ブレーキを装備した115系であり、103系電車が瀬野駅で広島方面へ折り返すのもこの急勾配区間が存在することによる。

なお、現在では補機の連結・解放は瀬野駅や八本松駅では行われておらず、補機は広島貨物ターミナル駅で連結され、西条駅で解放されている。そのため、EF67形電気機関車の貨車連結側には大きなデッキが付けられている。

瀬野駅構内には、この区間で使用する補機を配置する瀬野機関区があったが1987年に廃止され、広島貨物ターミナル駅近くにある広島機関区に統合された

以上、wikipediaより引用。

画像


10分ほどの山登りを終えて、いよいよ八本松駅に到着です。

画像

画像


八本松駅の様子です。

先ほどの引用部分にもあるとおり、以前はここと瀬尾駅で機関車の連結・開放をおこなっていたようです。

本当は、瀬尾駅又は八本松駅で貨物列車を撮影しようと思っていたのですが、目当ての貨物列車はすでに行ってしまったようです。これから、EF67連結の貨物列車までまだまだ時間があるので、今回はあきらめて先を目指します。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キハ80系の特急かもめも補機がありましたね…


サロだけに終わった幻の163系なんかも。

EF59時代に行きました。東北線のEF56改造を見に行きました。


80系電車も頑張っていました。
準急豊島園
2011/02/27 18:43
準急豊島園さん>
コメントありがとうございます。EF59の時代ですかぁ。写真でしか見たことがなくて、実際に走行しているシーンを見られたのであれば羨ましいです。80系電車やキハ80系なども実車を見てみたかったなぁ。
マエストロ
2011/03/01 01:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
JR山陽本線の旅 広島駅から瀬野八の峠越えへ〜2010年9月4日 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる