マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 三次駅からJR三江線に乗車する。(その1)〜2010年8月7日

<<   作成日時 : 2010/11/12 01:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2010年夏の青春18きっぷの旅(第1日目)の続きです。

2010年8月7日

JR福塩線を全線乗車して三次駅に到着。

画像


三次駅の様子です。

さて、ここからどうするか、ですが、JR芸備線は昨年10月の広島車両工場の公開時に全線乗車しています。

なので、ここからこちらも初めての乗車となるJR三江線に乗車します。(もともとの計画通りですが。)

画像


JR三江線のキハ120−307

福塩線とはラインカラーが違います。車内は同じ300番台同士なので違いはありません。

<三次駅 9:57 → 424D JR三江線 普通 石見川本行き キハ120−307 乗車 → 石見川本駅 12:08>

この列車、wikipediaにこんな記載が。

三次9時57分発石見川本行き(12時08分着)は運用上江津行きであるが、時刻表での扱いは石見川本止まりとなっている。これは、石見川本駅を出ると江津駅まで交換駅がなく、対向列車が石見川本駅に到着する13時50分まで長時間待つためで、石見川本駅に到着後は乗客をすべて降ろし、エンジンが切られ施錠されてホームに滞泊(その間、運転士は駅構内の詰所で休憩)した後に石見川本13時51分発江津行きとなる(時刻は2010年3月14日改正のもの)。

以上、引用終わり。

運用上は、江津行きだったのですね。しかし、全線直通する列車は、この運用を入れて2往復、浜原駅で乗り換えも入れて3往復しかありません。なかなか、乗りこなすのが難しい路線です。しかも、日中に全線乗車するには、この424Dしかないのもまた難しいところ。

今回、時刻表やいろいろな鉄道雑誌を見ながら、高松の始発に乗れば、三江線の424Dに乗車できることがわかり、この旅のメインになりました。

JR西日本は、地方ローカル線を路線バスに切り替えることを記者発表しており、今後に注目です。

列車は、三次駅を出発。芸備線に別れを告げて、すぐに馬洗川の鉄橋を渡ります。ここは、江の川、馬洗川、西城川との合流地点。

画像


水が豊かな、江の川です。この川沿いに線路がカーブしながら進んで行きます。直線距離では約60kmですが、線路では118kmあります。

画像


写真は、長谷駅です。この駅は、三次方面が始発と2本目、江津方面が3本目から最終までの列車が停車。それ以外は通過となります。この列車は江津方面2本目の列車なので、長谷駅は通過。

ホームで小学生が撮影していました。地元の人でしょうか。

画像


ずーーっとこのような風景がつづきます。

画像


船佐駅に到着。駅小屋があんなところに・・・。

列車は進み、香淀駅を出発すると、次の作木口駅は島根県に入ります。しかし、川の対岸は広島県。江平(ごうぴら)駅、折り返し列車が1往復ある口羽駅と停車して、川を渡り伊賀和志駅は広島県。伊賀と聞くと違う地方を思い浮かべてしまいますが。

画像

画像


伊賀和志駅〜宇都井駅間にある鉄橋です。

宇都井駅からはいよいよ県境を越えて島根県に突入します。

画像


宇都井駅です。橋上の高いところにある駅です。

画像


石見都賀駅です。県境を超えると「石見」という名前がちょくちょく駅名に入っています。

ここから、列車は一つの中心的な駅、浜原駅などを通り、いよいよ一旦終点の石見川本駅に到着します。

画像


何度も江の川を渡るので、橋の上からこのような絶景が撮影できます。

画像


まもなく、石見川本駅に到着です。

(つづく)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JR石見川本駅で七夕イベント「夕涼み弓の市」
川本町の弓市商店会と、JR三江線の利用増を図る三江線活性化協議会が連携して12日、同町川本のJR石見川本駅で、商店会恒例の七夕イベント「夕涼み弓の市」を開いた。敷地内の駐車場にビアガーデンを設け、多彩なイベントも開き、多くの来場者でにぎわった。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2012/07/15 18:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マエストロさん、こんばんは。
難関の三江線ですか〜 (^_^)
バス転換も時間の問題ですね・・・私も行けるなら早めに行きたいのですが、中々で
中国エリアの山間部のローカル線は一部を除いて閑散路線ですが、貴重な公共輸送機関ですから地元も切実ですね。
hmd
2010/11/12 01:53
hmdさん>
こんばんわ〜。難関の三江線にチャレンジしてきました。日中の景色が見れる時間に乗車できるのがこの列車しかないので、いろいろ苦労しました。三次に泊まる事も考えました。

とても景色のいい路線なので、ぜひぜひ乗車してみてください。
マエストロ
2010/11/13 02:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
三次駅からJR三江線に乗車する。(その1)〜2010年8月7日 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる