マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 納涼!厳島神社・宮島水中花火大会〜2010年8月14日

<<   作成日時 : 2010/08/17 02:17   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

米子方面の乗車日記の途中ですが、季節ごとですし、この話題を先に取り上げることにしました。

2010年8月14日

世間はお盆でお休みの中、私の職場は関係なく仕事なのですが、土日は休むことができました。相方が来ていたので、1泊で旅行に行くことに。

四国も、室戸岬や足摺岬も制覇して、まだまだ行ったことのないところはあるものの、四国から飛び出して広島まで
足を伸ばすことにしました。

しかも、偶然にもこの日は宮島で花火大会があるという情報を入手。

早めに広島市内のホテルにチェックインして、広島電鉄で宮島まで向かうことに。

画像


広島電鉄 胡町駅 5100形 Green mover max

今まで知らなかったのが恥ずかしいのですが、広島電鉄の路面電車って長いですね〜。単車ではないのはわかっていましたが、ここまで長いとは。さすが連接車です。

もちろん、初めて乗車する車両がこの最新型なのはうれしいですね。

画像


終点の広電宮島口駅で5000形と5100形が並びました。

広電の2号線になるのでしょうか。市内から宮島線に直通して宮島口まで約1時間。西広島駅からは電車軌道専用になるのですが、かなりのスピードにちょっと驚きました。

画像


広電宮島口駅の様子。かなりの人です。

広電のほかの写真は改めて公開するとして・・・。

画像


宮島へ渡る船の乗り場。松大汽船の乗り場です。右側に少し見えるのがJR西日本の船乗り場。どちらでもよかったのですが、JRの方の船がちょうど出るところだったのでこちらに乗車することにしました。

ちなみに、このJR西日本の船は青春18きっぷでも乗船できます。

画像


宮島から宮島口を行きかう船。この日は、ピストン輸送で、ひっきりなしに船が動いています。

画像

画像


JR西日本のみやじま丸。この船に乗船します。しかし、凄い人です・・・。

画像

画像


望遠レンズで宮島の鳥居を撮影。満ち潮のときには鳥居の下まで海につかるのですが、現在は引潮のため、鳥居周辺まで人がいます。

画像

画像


宮島へ渡って鳥居の近くまで来てみました。もう、いい場所はすでに押さえられていて、下に降りて来る以外になかったもので・・・。しかし、これから潮が満ちてくるとのこと。花火が終わるまでもってくれればいいのですが。

そして、午後7時50分から1時間、5000発の花火が打ちあがりました。

画像


暗い写真を撮るのがうまくないので、見にくくてすみませんが、何枚か掲載します。鳥居がシルエットになってとても幻想的。いろいろな花火を見てきましたが、東京湾大華祭と並ぶくらい感動しました。東京湾は迫力がありますが、こちらは神秘的というか。同じ花火でもこう雰囲気が違う感動します。

画像


水中花火自体は関東でも鎌倉の花火大会で見ることができるのでとりわけ珍しいものでもありませんが、やっぱり海で爆発する花火は凄いです。打ちあがった花火より迫力があります。音も大きいです。

画像

画像

画像

画像


全部で7幕あるプログラムですが、終わる頃にはだいぶ潮が満ちてきていて、鳥居は完全に海の中。もうすぐそこまで海が迫ってきています。ちょっとずつ移動しながらの観覧でしたが、大満足。また、ぜひ来たいと思いました。

8時50分に終わってすぐに船に並んだのですが、渡って広電に乗車したのが10時20分発の電車。市内に着いたのは11時30分を過ぎていました。それから、広島風お好み焼きを食べてホテルに戻りました。

ぜひ、機会があれば宮島の花火大会にまた行ってみたいです。人ごみは覚悟の上ですが・・・。

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます^^

観光客で凄い混み具合ですね。
大鳥居の下の緑の絨毯状のものは海草(藻)なのでしょうか?
夜の鳥居、海と花火の組み合わせがとても神秘的で楽しませて頂きました^^
hmd
2010/08/17 06:35
広島で花火大会と言えば、やっぱり宮島の花火ですね。人混みが苦手の私は宮島の花火大会はまだ行ったたことがありませんでしたが、お写真で楽しめました。
じゃぐ
2010/08/17 18:40
 広電の電車は5両つながったのもいたかと思います。1両が短いので、普通の列車の5両よりは短いですが。

 花火、綺麗ですね。花火といえば私の故郷の長岡の花火はおすすめできますが、宮島の花火もそれとは違ったものがありますね。
GO
2010/08/17 20:07
hmdさん>
コメントありがとうございます。
本当に凄い混み具合でした。鳥居のしたの緑色のものは海草(藻)です。
鳥居と花火がこのように見れるのは宮島ぐらいなのではないでしょうか。ぜひ、宮島水中花火大会に足を運んでみてください。

じゃぐさん>
コメントありがとうございます。
私も東京出身でありながら人ごみが苦手です。でも、花火を見た瞬間に疲れが吹き飛びました。・・・ホテルついたらどっと疲れが・・・。でも、私の下手な写真ではなく、ぜひ見に行ってみてください。

GOさん>
コメントありがとうございます。
5100形は確かに中間車両はかなり短いです。Rのきついカーブに対応しているのか・・・。でも、ほかの形式ではまた違うパターンのもあって、おもしろいです。

長岡の花火大会、ぜひいってみたいですね。あとは、諏訪の花火大会でしょうか。新作競技会など、四国転勤から東京へ戻った際には長岡、諏訪と花火大会めぐりなども考えていたり。
マエストロ
2010/08/18 02:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
納涼!厳島神社・宮島水中花火大会〜2010年8月14日 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる