マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 近畿圏私鉄乗車記(その6) 近畿日本鉄道 大和西大寺駅←→奈良駅 2010年1月23日

<<   作成日時 : 2010/05/08 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

1週間も更新を空けてしまいました。

GWの間、いろいろと旅をしてきました。鉄道の旅もしかりですが、現在まわっている四国88箇所札所めぐりで室戸の方まで行ってきました。

近畿圏の私鉄乗車日記のご紹介を終えてから順を追って更新していきたいと思います。

まずは、近畿圏私鉄乗車日記の続きから。

2010年1月23日

大和西大寺駅でいろいろ撮影したあと、せっかくなので、近鉄奈良駅まで往復してこようと思います。

画像

画像


奈良行きを待っている間に、奈良方を撮影してみました。しかし、複雑なポイントですね。これを模型で再現するのは不可能に近いですね。しかし、これだけポイントが並んでいると見ているだけで楽しいですね。

画像


やってきた車両は阪神1000系快速急行奈良行き。近鉄線で阪神の車両に始めて乗車することになるとは。

画像


最近、国営公園になった、平城京跡の大極殿。がらがらの車内から撮影してみました。

画像


近鉄奈良駅の駅標。再入場して、大和西大寺駅に戻ります。

画像


再び、大極殿。

画像


こちらは、有名な朱雀門です。

しかし、この広い遺跡の中にどうどうと近鉄奈良線が走っているというのも、不思議なものです。近鉄奈良駅が地下化されているのに、ここも地下で通せばよかったんじゃないかと思ってみたり。

画像


奈良駅から乗車してきたのは、近鉄 シリーズ21の9000系の区間準急尼崎行きです。こちらの乗り心地もよかったですね。

画像

画像


まだ、撮影していなかった近鉄特急22000系 ACE

画像


スペイン村の宣伝がされていました。

たしか、2両+2両編成の運用だったと思います。

さて、ここからは近鉄橿原線を南下します。

画像


近鉄 8000系 急行橿原神宮前行き

こちらの電車に乗車して、田原本駅まで。

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
平城宮跡を地下で通せばいいというのは、少しいただけない発言だと思います。今、平城遷都1300年祭で盛り上がっている奈良ですが、これだけ広大な奈良市内の一等地を今まで保存してきたということは、先人の奈良県民がどれほどの苦労をして今に至っているかを考えていただきたいのです。平城宮跡から発見された数々の遺物は、遺跡の下を流れる地下水によってこれまできれいな形で保存されてきたと考えられています。よって、近鉄線が地下を通ると地下水脈が途切れ、木簡などの遺物そのものが腐ってなくなってしまうのです。
近鉄線は平城宮跡が文化財指定前に開通していますので地上を走っており、近鉄奈良駅の地下化は旧・油阪駅から近鉄奈良駅間の道路との併用軌道を解消するためにされたものです。
奈良は日本の国の発祥の地です。常に開発と保存とで揺れ動いていますが、平城宮跡だけでなく、飛鳥、藤原京など面的に保存されているところはいくつもあります。厳しい法規制がかけられ、自分の土地でも自宅の新築が出来ないところもたくさんあるのです。
もっちん
2010/05/09 10:44
もっちんさん>

コメント及び貴重なご指摘ありがとうございます。

関東出身の私が、過去の経緯もわからず、安易な思いつきで発言してしまいました。
平城宮跡の景色と既存施設(奈良駅の地下)の使用などを鑑みて、高架ではなく、地下しかないかなと思ってしまったのです。
近鉄線をどうするかは、現在議論になっているかもわかりませんが、国や自治体、地元の方と近鉄で深い議論が必要ですね。

マエストロ
2010/05/09 13:39
そうなんですよ。
関東から見れば、奈良って「大仏と鹿」だけ、ひいては「何もない」というイメージかもしれませんが、京都と違うのは残すべきものをちゃんと面的に残しているということです。だからこそ日本で唯一、世界文化遺産が最多の3つもあるのです。景観も含め、都市計画法による厳しい高さ規制、古都保存法・県風致地区条例などによる行為規制など、県民は一定の犠牲を払いながら今の奈良はあると思います。
道路一つ通すだけでも発掘調査が入り事業期間が長引くのも奈良特有のもの。でも逆に、地元は事業してほしいと願っていても、関東の学者連中が反対して生活の利便が向上しないというジレンマも抱えます。
近鉄線については仰るとおり、近鉄、地元、国や自治体との議論が必要になってきます。事業自体出来るかどうか分かりませんが、個人的には今の状態がベストだと考えています。
もっちん
2010/05/09 19:06
もっちんさん>

コメントありがとうございます。
確かに奈良県のみなさんのご努力がないとここまで古都の遺跡が保存されていなかったのはご理解いたします。
私も仕事がら、自治体の方と都市計画法や建築基準法などのお話をさせていただくことがありますが、やっぱり規制をかけるとそこに住んでいる方の負担になるとのお話を聞いたことがあります。

やっぱり現状のままが一番いいのでしょうね。

いろいろお話ありがとうございます。
マエストロ
2010/05/09 22:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
近畿圏私鉄乗車記(その6) 近畿日本鉄道 大和西大寺駅←→奈良駅 2010年1月23日 マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる