マエストロの鉄道模型と鉄道紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国鉄道乗車記(その11)〜阿佐海岸鉄道阿佐東線 海部→甲浦 〜2010年4月29日

<<   作成日時 : 2010/05/17 01:45   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き、2010年GW鉄道の旅第1弾の続きです。

ちなみに、昨日少しだけ予告した秘境駅へ行くというのは、見事に朝寝坊のため撃沈しました。「四国再発見早得きっぷ」も購入してしまっていたし、どうしようかと考えた末にある列車に乗ってきました。

そのときの様子は、GWの乗車日記を書いた後に。

2010年4月29日

JR牟岐線海部駅に到着。このまま、甲浦駅を目指すため、阿佐海岸鉄道阿佐東線に乗り換えます。

次の列車が来るまで少し時間があったので、海部駅の駅舎を撮影してみます。

画像


海部駅の駅舎・・・?

海部駅は高架橋の上にあります。駅舎というか、ここ海南町観光案内所があります。

画像

画像


海部駅の構内の様子。2面2線のオーソドックスな対向式の駅です。

画像


こちらは、阿佐海岸鉄道の海部駅の駅標です。

画像


ホームの下にあった「0」キロポストの表示。

そして、いよいよ阿佐海岸鉄道の車両がやってきます。

画像


姿を見せた、阿佐海岸鉄道ASA100形 ASA-101

画像


JR四国1200形とASA-101の並び。

以下ウィキペディアより。

ASA-100形とすでに廃車になっているASA-200形は新潟鐵工所が製作したNDCの軽快気動車シリーズのステンレス車体の18m級気動車。土佐くろしお鉄道のTKT-8000形をベースにしている。エンジンはDMF13HS (250PS/2000rpm) を1基搭載している。座席は、車内は転換クロスシート(車端部はロングシート)。距離が短いためトイレは設置されていない。

以上。

トイレは、確かに2駅では短いですが、牟岐線全体から見ると長いですからね。乗り継いでくるお客さんが多いのでトイレぐらいあってもいいのかなと思いました。

画像


車内の様子。クロスシートが並んでいますが、ドアの部分だけロングシートに。シートはちょっと硬かったですが、乗り心地は悪くありません。

さて、いよいよ出発です。

<海部駅 15:04 → 5539D 普通 甲浦行き 阿佐海岸鉄道 ASA-101 → 甲浦駅 15:15>

画像


ここまで来ると海が見えます。遠くに見える山々が、まだまだ先にある室戸岬を忍ばせます。

画像


JR牟岐線は、地方のローカル線という風情でしたが、この阿佐海岸鉄道は全然風景が違います。ご覧の通り、トンネルと高架橋で構築されており、踏み切りは1つもありません。さすが、元は鉄道建設公団の計画路線です。これなら、高速列車も走行させられますね。

画像


宍喰駅が見えてきました。徳島県側の最後の駅になります。1面1線の駅ですが、対面式にできるようなスペースがあります。

画像


反対側はすぐ海ですが、山と山の間に田んぼがあります。

画像


走行中に撮影したら、窓にピントがあってしまいましたが、右側は阿佐海岸鉄道の研修庫です。車庫があります。

宍喰駅を出発して、長いトンネルを抜けると、もうすぐ終点です。

画像


先端が見えてきました。

画像


いよいよ、終点甲浦駅です。ここまでくると、結構来た感じがします。(笑)

少しでも記事がおもしろいと思われましたら、ぜひ1クリックをお願いします!
ほかにも鉄道関係のブログがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ジオターゲティング
四国鉄道乗車記(その11)〜阿佐海岸鉄道阿佐東線 海部→甲浦 〜2010年4月29日  マエストロの鉄道模型と鉄道紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる